スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星霜の書

07-26,2012

メインクエの続きをやっていきます。

エズバーンさんもいれて4人でぞろぞろアルドゥインの壁にやってきました。

どうもアルドゥインを倒すシャウトガがあるとかで、ハイフロスガーにききにいけと。

あ、ここでブレイズ装備一式をゲット。

日本刀に日本の甲冑。
しかし、このキャラは片手剣じゃないから、従者にあげた。
今の従者はソリチュードで雇った人。
リディアさんはせっかくなんでブレイズに加入してもらった。
なんか、従者をブレイズに加入させられるみたいだったから。今は人数も少ないみたいだしね。
こうなったら、世界中にの従者をブレイズに加入させちゃおっかな。

で、ハイフロスガーに行くともっと上で山籠りしてるやつが知ってるっていうんで、会いに来た。

したらなんか、ドラゴンだった。
このドラゴンさんによると、アルドゥインは大昔から時をかけてきたとか。
それは昔のノルドの人が星霜の書の力でやったことだとか。
で、その昔の時代にいければ必要なシャウトを覚えられるから、そのために星霜の書が必要だ!サガセ!てな感じらしいよ。
ちゃんと聞いてなかったから、解釈間違ってるかもしんない。

そして出てきたよ、星霜の書!
シリーズタイトルにもなってるエルダースクロールズですよ。
前作オブリビオンの盗賊ギルドの最終クエで主人公が盗んだから、スカイリムにあってもおかしくないもんね。

星霜の書はいわば予言の書。
これから起こることも起こったことも書いてある書で、読んだものは視力を失う。
天蚕信者によって守られていたけど、先も言ったとおり前作で主人公に盗まれた。
しかもただの予言の書ってだけでなく、そこに書かれたことが現実になり、過去すらも変わってしまう力もあったんじゃなかったっけ?
盗賊ギルドの灰色頭巾が被った者の存在を人々の記憶から、なかったことにしてしまうのと同様に。

書についてもウィンターホールド大学にたずねにいくと、ずいぶん前に北の方に探しにいったきりもどってこないやつがいるとか。
それだ!
というわけで次は星霜の書探しにいってきます。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。