スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデール

01-14,2011

いつも素通りするばかりで、住民に話し聞いたことはなかったかもしれないアンデール。

なので話しかけてみた。

110113_1359~01
なんだかみんなして妙にフレンドリー。
この世界でそんな人いなかったからなんだか逆に怖い。

しかもアメリカで一番いい街の賞をもらってるみたいなこと言い出すし。
えっ?脳内設定ですか?みたいな。

ていうかよくみたら3件しか家なかった。


そのうち1件のおじいちゃんは全然フレンドリーじゃなかったけど、その話によると殺人一家らしいし。

やだ、なにそれこわい・・(´・ω・`)

しかも、よーく話を聞いたらこの3件親戚みたい。
ていうかおじいちゃんの息子夫婦らしい。

前にはもっと人がいたけどいなくなちゃったんだってさー。
え、それってもしかして殺したからいないってオチじゃなくて?
本当に逃げたんでしょうね・・?


なんかもう色んな意味でうわぁ・・だし、なんかだんだんヤバそうだなーなんて感じつつも鍵を盗んで地下室へいってみた。

予想どうりというか・・台には死体、冷蔵庫には大量の奇妙な肉、監禁されていたと思われる様子がまざまざと・・・。


お外に出たら、フレンドリーだった一家が武器もってうろついてるし・・(;´Д`)

まあなんだかんだ説得は無理そうだったので(speechスキルは全く上げてないし)、とりあえずコロコロしておいた。南無。


フレンドリーを装って襲って人肉パイを作るなんて人でなしは許されない!
レイダーみたくいさぎよくヒャッハーしてればいいんだよ、そういうおかしな人たちは。



まあこれで殺人鬼にびくついてたおじいちゃんも平和に暮らせるだろうしよかったね。

vaultほどではないけど、変なとこだったなあ・・
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。